腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
サービス

無塩ドットコムがすごい!無塩・減塩の調味料や食材で食事制限を楽しむ方法

本日、ご紹介するサービスは、

インターネット通販の無塩ドットコムです。

無塩ドットコムは腎臓病で食事制限している人の強い味方です!

無塩ドットコムは、腎臓病・透析の方の食事に配慮した食品通販サイトです。

普通のスーパーなどでは手に入らないような無塩・減塩の商品が

数多くラインナップされている魅力的なショップです。

減塩生活をしている人には、大変便利&楽しいショッピングサイトなので、

特に腎臓病の食事療法を始めた方に、お勧めしたいネット通販サービスと言えます。

公式ホームページで「国内最大級の減塩専門店」と豪語していますが、

決して誇大広告ではありません。

え?これにお塩はいってないの?という意外な商品がたくさん売っているからです。

例えば、塩分0のポテトチップスや梅ぼしなどが購入できます。

1年以上利用していますが、まだ全部の商品を試せていないくらい商品豊富です。

無塩ドットコムの公式サイトは、販売商品の情報だけでなく、

減塩コラムと題した、減塩や腎臓病、人工透析に関する情報も提供しています。

腎臓病の食事療法を実践している人やその家族は、一読すると大変勉強になると思います。

ちなみに、通販の送料は4990円以上で無料になるので、

欲しいものは一度にまとめ買いするのがいいでしょう。

百聞は一見にしかずといいますし、まずは公式サイトをのぞいてみると楽しいですよ♪

無塩ドットコム公式

とはいえ、いっぱい商品ありすぎて何買っていいかわかんない、

もしくは、失敗したくないという方のために、

我が家で実際に購入して、これいい!と思った商品だけをご紹介させていただきます。

実際に食べてみたからわかる!無塩ドットコムのおすすめ商品ランキング

我が家で実際に食べて評判の良かった商品を勝手にランキングしました。

無塩ドットコムのトップページにも商品ランキングがありますが、

そっちとは全く関係なく、私と夫の独断と偏見で決めちゃいました。

ご参考まで。

第5位 キッセイ薬品 減塩げんたポン酢

腎臓病で食事制限している人に配慮して作られたポン酢です。

食塩だけでなく、たんぱく質、リン、カリウムにも配慮されているので、

安心して食べることができます。

お鍋やサンマなどと相性ばっちり。

腎臓病の食事療法ではマストアイテムの一つです。

第4位 食塩不使用ミツカンポン酢

こちらのポン酢は食塩不使用です。

げんたポン酢を薄めるのに使っています。

これで薄めても、お味はいい感じでいただけます。

げんたポン酢と食塩不使用ポン酢の混ぜる割合はお料理によって変えています。

基本はフィーリングですが、

サンマのように、食材に塩気があるものには、食塩不使用ポン酢を多めに、

しゃぶしゃぶみたいに食材に味がついていないものは、げんたポン酢多めするなど、

お料理によって調整しています。

第3位 塩ぬき屋 食塩不使用洋風だし(ブイヨン)

こちらは食塩不使用の洋風だしです。

写真は使いかけのもので減ってます・・・すいません。

これだけだと、我が家では少し薄味すぎるかなという感じなので、

通常のお料理に添加するという使い方をしています。

例えば、少なめのコンソメで作ったスープに、このブイヨンを足すことで

ぐっと美味しくなるのが特徴です。

塩分0なので、あれこれ計算せずに加えることができるのがありがたいです。

第2位 塩ぬき屋 食塩不使用極み天然だし

これも使いかけの写真です、すいません。

実は、スーパー等で売られている便利な粉末状のおだしには塩分が入っていて、

制限食を作る際には、計量するのがマストになります。

しかし、この塩抜き屋の商品は塩分0なので、計量の手間が省けるわけです。

しかも、美味しいです。

結構薄味に作ったお味噌汁も、しじみだしに負けないくらい美味しくなりました。

塩が入った通常の粉末おだしよりも、この食塩不使用おだしの方が、

断然美味しく、薄味お味噌汁が作れますよ!

第1位 塩ぬき屋 食塩不使用ドレッシング(中華味)

こちら、食塩不使用のドレッシングです。

外食でサラダを食べるとき、塩分を考慮してドレッシング減らしますよね?

これは食塩0なので、制限なくどばーっとかけてもOKなのが魅力です。

他に、トマト味もあり、我が家では両方常備しています。

こうしてみると、1位~5位まで全部調味料系でしたが、

先日、無塩ポテトチップスを購入してみました。

まだ食べていないので、どんな味かとっても楽しみです。

食べたら、またレビューしたいと思います。

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。