腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:野菜たっぷりのコーンシチュー

子供にも人気のコーンシチューを作りました。

具材はお好みで変えてください。

写真はハムの代わりにベーコンを、野菜はシイタケをプラスしています。

材料(6人前)

玉ねぎ 小1個(105g)

人参 1本(90g)

コーン缶詰  1缶(155g)

コンソメ(粉末) 小さじ1

ロースハム  23g

牛乳     1カップ

オリーブオイル 大さじ1

1人分当たりのたんぱく質と塩分量の目安

たんぱく質 : 5.5g

塩分    : 0.9g

作り方

1.材料を好みの大きさにカットする

お野菜(玉ねぎ、にんじん)、ハムを好みの大きさにカットする。

この時、にんじんを小さめにカットすると火が早く通るので、

調理時間が短縮できます。

2.鍋で具材を炒める

鍋にオリーブオイルを入れて、火にかけます。

油があったまったところで、お野菜とハムを炒めます。

油が全体にいきわたったところで、次の工程へ進みます。

3.水200mlを加え、蓋をして煮る

水を1カップとコンソメを入れて、蓋をして人参が柔らかくなるまで煮ます。

煮えるまでの待ち時間で、コーンクリームを作ります。

4.ブレンダーでコーンクリームを作る

今回は食塩無添加コーンの缶詰(いなば食品)を使います。

夏なら生のトウモロコシからコーンをそぎ落として使うのもありです。

粒状態のコーンと牛乳を容器に入れ、ブレンダーでクリーム状にします。

ブレンダーがない場合は、フードプロセッサやミキサーでも代用可能です。

5.お鍋にコーンクリームを入れ、さらに煮込んで完成

お鍋の野菜に火が通ったら、4で作ったコーンクリームを入れ、煮立ったら完成。

コーンの甘い味わいのおかげで、塩気が少なくても美味しく頂けます。

食塩無添加コーンの缶詰(いなば食品)

よくスーパーで見かけるコーンの缶詰ですが、

裏の成分表を見てみると、食塩が入っているのがわかります。

その量はメーカーによって違いますが、

汁除いた可食部100g当たり、0.5~0.7gです。

この分、コンソメの添加量を減らすのも一つの手段ではありますが、

我が家では、いなば食品さんの食塩無添加コーンの缶詰を使っています。

ただ、マイナー商品なのか、うちの近所ではオークワしか売ってませんでした。

探してみるとネット通販でも買えます。

ただ、缶詰は安いのに送料がかかるのが難点。

他のものと同梱するか、まとめ買いで送料無料を狙うのが良いですね。


いなば食品 食塩無添加コーン 200g×3缶

上記は楽天ですが、

LOHACOでも取り扱いあるようです。

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。