腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:糖質0麺を使った冷やし中華

まだ肌寒いのですが、

スーパーに糖質0麺が売っていたので、冷やし中華を作りました。

最近、糖質が悪者扱いになっていて、小麦が入ってない商品が増えてきました。

小麦もたんぱく質が多く含まれているので、糖質0の加工食品は我々にとって追い風です。

どんどん活用していきたいですね!

今回使った糖質0のこんにゃく麺はこちら。

この他にも、太麺や細麺と何種類か売っていたので、いろいろ試していきたいです。

材料(3人分)

糖質0の冷やし中華    3袋

卵            1個

ロースハム        3枚

きゅうり         1本

レタス          100g

塩分0の中華ドレッシング   大さじ2

1人分に含まれるたんぱく質と塩分量

たんぱく質: 7.6g

塩分   : 0.8g

作り方

1.レタス、キュウリを食べやすいサイズにカットし、水にさらす。

レタスは手でちぎり、キュウリは千切りにします。

たっぷりの水に浸けて、20分ほど放置します。

水にさらすときは、野菜をできるだけ細かく切り、

たっぷりのお水(野菜の10倍以上)に浸けると、よりカリウムを減らせます。

水に浸けることで、葉もの野菜に含まれるカリウム(K)を減らすことができます。

茹でるのに比べてカリウムの減少効果は小さく、

9割前後のカリウムは残りますので、制限のある方は分量にご注意ください。

2.薄焼き卵を作り、千切りにする

卵をわりほぐしたら、薄焼き卵を1~2枚作り、千切りにします。

3.ほかの具材もカットする

ハムは千切りに、トマトは半分か、4分の1にカットします。

ハムは今回は塩抜きせず、調味料感覚で食べたいと思いますので、

麺全体にいきわたるよう、できるだけ細切りにします。

4.糖質0麺を茹で→水洗い→水切りする

糖質0麺の袋裏面に書いてある通りに茹でます。

薄味仕上げなので、味がボケないように水切りはしっかり行いましょう。

5.盛り付けて完成!

麺をお皿に乗せ、具材を飾り付けたら完成です。

食べる際に、無塩ドットコムで購入した食塩不使用中華ドレッシングをかけ頂きます。

麺に付属していた専用だれは塩分1.2g程度でしたが、

食塩不使用ドレッシングならたっぷりかけても塩分0.2g程度に抑えられます。

無塩ドットコムの食塩不使用中華ドレッシング

食塩不使用のドレッシングです。

塩分0ではありませんが、

小さじ4杯(20ml)かけても、塩分0.14gとほぼ0に近い値です。

塩分はほとんど0に近いのに、味はしっかりしていておいしいです。

普通のドレッシングが苦手なこどもも大好きで、よく食べています。

無塩ドットコム(公式)で購入可能です。

無塩ドットコム(公式)

本日の副菜は湯煎するだけの簡単肉じゃが

副菜はオイシックスの肉じゃがです。

1袋の内容量が160gで、

100g当たりのたんぱく質3.5g、食塩相当量1.1gと記載されています。

今日は1袋を一人で頂きましたので、

たんぱく質:5.6g、食塩相当量:1.8gになります。

たんぱく質は主菜の冷やし中華と合わせても20g以下に抑えられました。

食塩相当量は2gをオーバーしますが、

肉じゃがの汁は食べませんので、許容範囲と考えています。

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。