腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:子どもと楽しんで作れるピザ

CKDで厳しい食事制限を始めてから1年が経過。

基本、お米食を続けていますが、

「たまにはジャンクなピザが食べたい!」というリクエストにお応えして、

減塩ピザを作りました。

市販のピザクラフトを使うので粉が散ることもなく、お手軽に作れますよ。

材料(2枚分)

市販のピザクラフト  2枚(230g)

トマトピューレ    60g

チーズ        80g

(お好みの具材)

ピーマン       1個

マッシュルーム    2個

ソーセージ      2本

ミニトマト      3個

エビ         1尾(14g)

一人分(ピザ1枚)に含まれるたんぱく質と塩分の目安

たんぱく質 :20.2g

塩分量   :1.9g*

*塩分はソーセージの塩抜き効果を40%減として計算しています

作り方

1.具材をカットする

ピーマン、マッシュルーム、ソーセージ、エビなどの具材を、全てスライスします。

2.ソーセージを湯通しする

お鍋にたっぷりのお水とスライスしたソーセージを入れます。

鍋を火にかけて沸騰したら、火を切って10分程度放置。

ざるにあげて、水気を切ったら終了です。

この方法は無塩ドットコムで紹介されていた加工品の塩抜き方法です。

ハムやソーセージなどの加工品に含まれる塩分を減らすことができます。

ハムのように薄いものだと70%も塩分を減らせるそうです。

ソーセージの代わりにハムを使うのもいいでしょう。

また、ソーセージは肉厚なので、塩抜き効果が小さいのですが、

薄くスライスしてから湯通しすれば塩分が抜けやすくなります。

無塩ドットコムによると、

ハムの塩分は70%、ソーセージ(カット前)は40%の塩分カットできるとあったので、

今回の塩分量計算ではソーセージの塩分を表示値の60%で計算しています。

ソーセージをスライスしてから塩抜きしているので、

もう少し塩分は抑えられていると思います。

3.ピザクラストにトマトペーストを塗る

スプーン等を使って、ピザクラストにトマトペーストを塗ります。

トマトペーストは塩分0なので、多少多めに塗っても問題ないので安心です。

これがピザ用トマトソースの場合、同じ30gを塗ると

塩分は0.3g程度増えてしてしまいます。

4.チーズと具材をトッピングする

トマトソースを塗ったクラストにチーズとカットした具材をのせます。

トマトソースを塗ったり、具材を載せるのは簡単なのでこどもにやらせてます。

5.オーブントースターで焼く

具材に火が通り、チーズにかるい焦げ目がつくまで焼いたら完成です。

食事制限中、ジャンクフードが食べたくなった時の対処法

CKDの食事制限はずーっと続きます。

なぜなら、CKDは腎臓が元通りに治ることはないので、

食事療法の目的は、腎臓機能の現状維持を長く続けることにあるからです。

でも、本に書いてあるような腎臓病対応の食事ばかり作って食べていると、

無性にジャンクフードが食べたくなることがあります。

そんな時は我慢せず、食べれる工夫をしています。

具体的には、

夕食に多めのたんぱく質を摂るために、朝食・昼食を減らして調整したり、

家で手作りして、減塩レシピにするなど。

実は、我が家ではフライドポテトがよく食卓に登場します。

マクドナルドで食べると、Mサイズで塩分は0.5gですが、

自宅で冷凍フライドポテトを揚げ、

ほんの一つまみのお塩を振りかければ、

塩分は0.1g以下にできるので。

ただ、フライドポテトはカリウムが多いので、

食べる量はほどほどに・・・。

 

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。