腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:フルーツ入り寒天

私と5歳の娘は大のスイーツ好きですが、夫は甘いものは苦手な方。

しかし、CKDの食事制限では摂取カロリーを十分とる必要がある一方で、

たんぱく質や塩分の制限に伴って、食事量が減り、

十分なカロリー摂取ができる献立作りはとても難しいものになります。

そんな時、糖分の高いデザートが有効です。

しかし、デザートにたんぱく質や塩分が多く含まれていたら本末転倒。

という訳で、晩御飯のデザートに低タンパク質&塩分0のフルーツ寒天を作りました。

材料(5カップ分)

国産寒天で作る手作りスイーツの素(oisix)   1袋

シロップ漬け黄桃               2切れ

シロップ漬けミカン              5切れ

ジュース(今回は野菜生活)          200ml

1カップに含まれるたんぱく質と塩分量の目安

たんぱく質 :0.1~0.2g

塩分    :0.1g

作り方

1.シロップ漬けフルーツのシロップを捨て、1口サイズにカットする

シロップ漬けのフルーツを取り出し、好みのサイズにカットします。

生フルーツを入れても構いませんが、生フルーツはカリウム含有量が多いので、

カリウム制限のある方はご注意ください。

夫は、カリウム制限ありませんが、

一時、毎日レタスを食べていたら、カリウム基準値をオーバーしたことがあって、

それ以来、K制限はしていないのですが、食べ過ぎにだけ注意しています。

シロップ漬けや缶詰のフルーツは、長期間シロップに使っている間に、

カリウムが少し溶け出して、少なくなっているので、

カリウム制限のある人は、生フルーツよりは缶詰が良いです。

2.寒天を細かく砕く

今回使用した寒天はOisixで購入した「国産寒天で作る 手作りスイーツの素」

という商品です。

商品にも作り方は記載されていますが、

袋を開けないで、手で揉んで寒天を崩す方法が簡単です。

3.寒天を耐熱ボールに入れ、レンジで沸騰するまで加熱

崩した寒天を耐熱ボールに入れ、電子レンジで加熱して溶かします。

電子レンジの設定は、「500~600Wで2分40秒」です。

電子レンジの機種によっては時間がかわる可能性もあります。

様子を見ながら加熱時間は調整してください。

寒天の素が沸騰し始めたらOKです。

4.寒天にジュースを入れて手早く混ぜる

ここから盛り付けまで、スピード勝負です。

寒天が固まってくる前にパパっと作業します。

お玉などで溶かした寒天をかき混ぜ、寒天が完全に解けたのを確認してから、

分量のジュースを混ぜ、さらにかき混ぜます。

5.カップに寒天とカットフルーツをいれる

ゼリーカップに寒天とカットしたフルーツを入れます。

順番はどっちでもよいのですが、

フルーツを後で入れる場合は、寒天をカップの8分目くらいまでにしましょう。

フルーツを入れてあふれるともったいないので。

6.冷蔵庫で2時間冷やして完成!

大皿かバットの上に寒天を入れたカップを並べ、ラップをかけて冷蔵庫へ。

2時間程度冷して固めます。

固まったら、お皿に乗せて完成です。

カップから寒天が出てこない場合は、寒天とカップの間に竹串や箸を入れ、

ちょっと空気をいれてからひっくり返すと、つるんと出てきます。

ゼラチンではなく、寒天を使おう!

ゼリーを作る際に使うゼラチンと、寒天の違いをご存知ですか?

ジュースのような液体を固めてゼリーが作れるというのは同じなのですが、

「ゼラチンと寒天の違い」と入力してググってみるといっぱい出てきます。

そちらをみるとよくわかると思いますが、

我々にとって、重要なたんぱく質の含有量が全く変わってきます。

例えば、ゼラチンで作ったゼリー1個に含まれるたんぱく質は約2g程ですが、

手作り寒天ゼリーならたんぱく質はほぼ0gにできます。

さらに、動物性のゼラチンと比較して、

寒天は海藻なので、便秘によい水溶性食物繊維が多く含まれています。

食事制限で食べる量が減り、便秘になってしまった場合にも有効です。

また、わざわざ手作りしなくても、既製品の寒天ゼリーみたいなものが、

カロリー0をウリにして、コンビニ等でも販売されています。

ヘルシーブームは本当に追い風。

使わない手はないですね。

超簡単なOisixのスイーツの素

今回使用した「国産寒天で作る スイーツの素」はOisixで購入しました。

通常、スーパーなどで売っている棒寒天や粉寒天でもいいのですが、

Oisixのスイーツの素は、寒天に味付けがされているので、

ミルク寒天なら牛乳を足すだけでできて楽なのです。

つまり、私が砂糖の分量を量ったり、調整する手間を省くために使っています。

手間がかからないという点では、

スーパーで売っている「かんてんぱぱ」等も溶かすだけなので、超簡単です。

しかし、Oisixの寒天は国産と明記されている点で魅力的でした。

子どもも食べるということを考えて、

最近は「国産寒天で作る スイーツの素」が定番化しています。

スイーツの素は、食材宅配サービスのOisixで購入可能です。

スイーツの素だけ買うとなると送料負担が大きくなるので、

Oisix利用者の方限定で、何かのついでに買ってみることをお勧めしたいです。

Oisix利用していないけど、この商品きになるな~という方は、

過去記事で他の商品も紹介しているので、そちらもぜひ読んでみてご検討ください。

そのうえで、Oisixを利用してみたいと思ったら、

初回しか購入できない、お得なお試しセットから始めることをお勧めします。

Oisix(公式)

Oisixに関する過去記事はこちら。

Oisixに関する過去記事

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。