腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:ピザ生地の作り方

減塩ピザの作り方を過去記事で書いてます。

今回、さらに減塩するためにピザ生地を手作りしました。

これが思ったよりもすっごい簡単なので、

やったことない人にぜひお勧めします!

材料(3人分)

強力粉  250g

薄力粉  50g

ドライイースト 5g

食塩   3g

オリーブオイル 大さじ1

ぬるま湯 150cc

1人分(1枚)に含まれるたんぱく質量と塩分の目安

・たんぱく質 :11.7g

・塩分    :1.0g

*ピザ生地だけに含まれる量です

作り方

1.ボールに強力粉、薄力粉を入れ、へらで混ぜる

参考にしたレシピでは一緒に粉ふるいにかけるとありましたので、

理想はそっちの方がいいと思いますが、

へらで粉同士をよく混ぜるでも普通に来ました。

粉ふるいは面倒で、汚れるけど、

ボールで粉同士をかき混ぜるくらいなら大した手間ではないです。

2.塩、ドライイーストを入れて、また混ぜる

続けて、塩、ドライイーストを入れて、よく混ぜます。

3.オリーブオイル、ぬるま湯を入れ、さらに混ぜる

40℃位のぬるま湯を用意します。

大体、ぬるめのお風呂位の温度です。

オリーブオイルとお湯を入れて、へらで混ぜると、

自然に、生地がまとまってきます。

ボールについてる粉もかき集めて、一つの生地にまとめます。

4.生地をこねる

5.まとめた生地をボールに入れ、蓋して発酵

粉を混ぜるのに使ったボールに戻して、ラップで蓋をして放置です。

あったかい方が発酵が進むので、

冬場は暖かい部屋に置くとよいでしょう。

1時間くらいで倍くらいの大きさに膨らみます。

6.生地を3等分して、キッチンペーパーの上に広げる

キッチンペーパーの上に生地を広げます。

手でぎゅっぎゅと押し広げます。

焼くとすごく膨らむので、

好みですけど、5mm厚位に伸ばした方がいいです。

7.フォークで生地に穴を開け、ソース・具材をのせて焼いたら完成!

フォークを使って、伸ばした生地に穴を開けます。

お好みのソース・具材をのせたら、

200℃に加熱したオーブンで、13~20分ほど焼きます。

温度や焼き時間は機種によって変わると思うので、

最初は様子を見ながらだと安心です。

うちのオーブンだと、200℃で20分だと焦げそうでした。

塩分はこの辺りが限界?次はたんぱく質を減らしたい

今回、ピザ生地を手作りすることで、

生地に含まれる塩分を減らすことができました。

市販のピザクラフトは、1枚当たりの塩分量が1.3g~2g強。

一方、今回の手作り生地は、1枚当たりの塩分量は1.0gです。

実は塩分はそれほど大きく減らすことはできなかったのですが、

この手作り生地はボリュームがあって、お腹が満たされるので、

夫の評判は上々です。

手作りピザ生地の塩分は、ほとんど食塩由来です。

なので、上記レシピの3gの塩分を2gに減らせばさらに塩分が減らせると思うので、

次回、挑戦したいと思います。

また、つぎの課題は、たんぱく質ですね!

実は、強力粉や小麦粉のたんぱく質量が高い。

特に強力粉は高い!

具体的に言うと、1カップ(110g)当たりのたんぱく質量はざっくりですが、

強力粉 12~13g

薄力粉 8~9g

これに対して、でんぷん小麦という低たんぱくな小麦粉があるそうです。

このでんぷん小麦100g当たりのたんぱく質量は5g程!

次回、薄力粉をこのでんぷん小麦に変えてみようかと思ってます。

上手くいったら、またご報告したいです。

では、また。

(追記)

低たんぱくな小麦を使ってピザ生地を作りました。

減塩&低たんぱくなピザ生地のレシピはこちら

ピザソースを塩分0のトマトソースに替えることで、

減塩にできるピザのレシピも紹介しています。

減塩レシピ:子どもと楽しんで作れるピザ

 

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。