腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
減塩レシピ

減塩レシピ:超簡単!たんぱく質調整パスタのシーフードグラタン

たんぱく質調整パスタのアプロテンを使って

シーフードグラタンを作りました。

材料(3人分)

たまねぎ 1個(177g)

ブロッコリー 1/2束(60g)

マッシュルーム

ブラックタイガー  7~8匹(可食部:200g)

牛乳 200cc

ホワイトソース缶

スライスチーズ 3枚

アプロテン(マカロニタイプ) 250g

オリーブオイル   大さじ1

1人分に含まれるたんぱく質と塩分量*

たんぱく質: 22.3g

塩分: 1.7g

*カロリーSlimと製品裏面記載の栄養成分表示から算出した値

作り方

1.ブロッコリーを茹でる

大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸かし、ブロッコリーを茹でます。

ブロッコリーは、房部分を適当なサイズに分けて、芯に切り込みを入れます。

茎の部分は厚めに皮をむいて、スライスにし、房部分と一緒に茹でます。

茹で上がったブロッコリーは水洗いして、ゆで汁を洗い流しておきましょう。

ゆで汁にはカリウムが多く含まれるためです。

ブロッコリーにはカリウムが多いので、ご注意ください。

2.アプロテンのパスタを茹でる

次に、パスタを茹で始めます。

パスタを茹でている間に、次の工程を勧めましょう。

通常、パスタを茹でる際はお湯に塩を入れますが、

減塩対策として、塩は一切いれません!

茹で上がったパスタはざるに揚げて、お湯を切っておきます。

3.材料を全て切る

玉ねぎ、マッシュルームはスライスします。

エビは殻をむいて、背ワタを取り、3等分に切り分けます。

4.材料を炒める

フライパンにオリーブオイルを入れて、温めます。

オリーブオイルが温まったら、玉ねぎを良く炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたら、エビ、マッシュルームを加えてさらに炒めます。

5.ホワイトソースと牛乳を加えて温める

具材に火が通ったら、

ホワイトソースと牛乳を加えて、ゆっくり混ぜ合わせます。

ホワイトソースを牛乳で伸ばす感じです。

ホワイトソースは缶詰を使うと時短&簡単です。

たんぱく質も意外と低くておススメ。

6.ホワイトソースにパスタとブロッコリーを混ぜる

ホワイトソースに、

よく水気を切ったパスタとブロッコリーを入れ、

加熱しながらよく混ぜ合わせます。

この工程により、パスタやブロッコリーにソースが馴染むので、

薄味ですが、味はしっかりとつきます。

7.チーズをのせて、オーブンで焼いて完成!

チーズをのせ、オーブン(オーブントースターでもOK)で焼きます。

チーズに良い感じの焦げ目がついたら完成です。

たんぱく質調整パスタ/アプロテン

通常の小麦からできているパスタには、結構な量のたんぱく質が含まれます。

具体的には、100gのパスタには、13g前後のたんぱく質が含まれます。

これに対して、アプロテンのパスタは、

100g当たりに含まれるたんぱく質が0.4gと驚異的に少ないです。

同じように、お米についてもたんぱく質調整米という製品がありますが、

たんぱく質調整米は、通常のお米と比較して、大幅に味が落ちます。

しかし、アプロテンは普通のパスタと比べても、同じくらい美味しいのです。

アプロテンのスパゲッティと、湯煎で温めるタイプのパスタソースの組み合わせは、

休日のお昼のたんぱく質調整にぴったりです。

しかし、唯一のデメリットがお値段です。

例えば、マカロニタイプは1袋(500g)で700円と超高価!

少しでも安く購入するために、我が家ではamazonの定期便を利用しています。

アプロテンのスパゲッティとハインツのパスタソースを、

まとめて定期購入することで15%割引で購入できます。

パスタだけでも、定期購入にすれば10%割引で購入できるのでお得です。

 

アプロテンのパスタや湯煎のパスタソースは別の生地でご紹介しているので、

そちらをご参照ください。

アプロテンのパスタについて(過去記事)

今回ご紹介したマカロニタイプはこちら。


 

 

 

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。