腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
制限食のコツ

低たんぱく米とは?どこで販売されているのか?

夫のクレアチニンが高く、食事療法を継続中です。

本日は、CKDの食事療法を続けていく上で重要な食材である

低たんぱく米についてのお話です。

CKD食事療法で便利な低たんぱく米とは?

CKDの食事療法で使われる低たんぱく米とは、

その名の通り、お米に含まれるたんぱく質を大幅に減らす為、

特殊な加工をした米です。

具体的には、

通常米はお茶碗1杯あたり約3.8gのたんぱく質が含まれますが、

低たんぱく米の場合は、お茶碗1杯で1g以下のたんぱく質含まれません。

1日3食、お茶碗1杯のご飯を食べたと仮定すると、

たんぱく質摂取量は約9gの差があります。

この9gをおかずに換算すると、

タラの照り焼きなら、およそ2/3切れ分

唐揚げなら、中2個分くらいの量に相当します。

つまり、CKDの食事療法においては、

お米由来のたんぱく質摂取量を減らし、その分おかずを増やせることから、

低たんぱく米は、ぜひ取り入れたい食材の一つです。

低たんぱく米を販売しているおススメ店

低たんぱく米はamazon、楽天、Yahooなどで販売されていますが、

どこも送料が必要になりますので、まとめ買いするほうが良いでしょう。

しかし、少し調べるとわかると思いますが、

低たんぱく米といっても、種類がたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。

どれが一番おいしいのか試してみたい!という場合、

販売店は、ビースタイル楽天市場店がおススメです。

ビースタイル楽天市場店のおすすめ商品はこちら。

レンチンで食べられる低たんぱく米の食べ比べセットです。

送料無料なので、最初はこちらで試してみてはいかがでしょうか?


【同梱不可/送料無料】ごはん食べ比べセット 稲穂 [腎臓病食/低たんぱく食品/たんぱく調整]【お試し ギフト プレゼント】

上記のセットは、5種類の低たんぱく米が2パックづつ入っています。

その中に、ツインパック(写真右上)が含まれていますが、

このツインパックの低たんぱく米は、

旅行や出張時にホテルのポットで温められるので超便利!

我が家のイチ押し商品です。

 

 

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。