腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
制限食のコツ

低たんぱく米がまずいと思った方に、越後の低たんぱくパンがおススメ!

低たんぱく米よりも美味しい低たんぱくパン

CKD食事療法を始めて2年程が経過しました。薄味や量の少ないものにはずいぶん慣れてきましたが、唯一、我慢できないのが低たんぱく米!

ここでは低たんぱく米対策として、最近見つけた美味しい低たんぱく食材をご紹介します。

越後の低たんぱくパンシリーズ

低タンパク米の代替としておすすめなのが、低たんぱくパンです。具体的な商品名と1袋のたんぱく質量は以下になります。

  • 越後の食パン (たんぱく質:0.37g/1袋)
  • 越後のバーガーパン(たんぱく質:0.27g/1袋)
  • 越後の丸パン(たんぱく質:0.20g/1袋)

1袋のパンに含まれるたんぱく質の量は、どれも1g以下。低たんぱく米並みに、たんぱく質摂取量を減らす効果が得られます。ただ、大きく違うのがお味!通常の美味しいパンと比較して美味しい!とはお世辞でもいえませんが、低たんぱく米のようなにおいや、味の違和感がありません。

越後の低たんぱくパンはどこで買えるのか?

越後の低たんぱくパンシリーズは、残念ながら普通のスーパーなどでは入手できません。ネット通販でまとめ買いが基本です。

一番お得に買えるのは、「越後くらぶ」という直販サイトです。
1セット20個入りから購入可能。
送料は3800円以上は無料になります。
定期便だと2個おまけしてくれます。
お支払いはクレカか代引きが選べますが、代引きは手数料負担が必要です。

越後くらぶ

楽天やAmazonでも購入可能です。
リンクはこちら↓





【注意点】温めが必要なこと

越後の低たんぱくパンシリーズを食する際には、温めが必要です!電子レンジでもトースターでもOKなので、必ず温めてから食べましょう。

先日、キャンプに朝食として持っていきましたが、アルミホイルでくるんで網で焼いても美味しく頂けましたよ!

おすすめ調理法はサンドイッチ

前述の越後の低たんぱくパンシリーズはサンドイッチにして食べるのがお勧め。挟むものはなんでもありなんですが、いくつか我が家で試してみたものをご紹介します。

1.目玉焼き&レタス&マヨネーズ

目玉焼きを焼いてサンドします。味付けはマヨネーズと粒マスタードをブレンド。レタスを挟む方が見た目も、栄養バランスもよいですね。

<材料>

  • 卵 1個
  • リーフレタス 1枚
  • マヨネーズ 小さじ1.5
  • 粒マスタード 小さじ1.5

<たんぱく質と塩分の目安>

  • たんぱく質:8.2g
  • 食塩相当量:0.6g

2.ハム&レタス&マヨネーズ

ハムサンドもいいです。ハムの塩味が強いので、塩分の多いマスタードはカットしています。

<材料>

  • ロースハム(30g)
  • リーフレタス 1枚
  • マヨネーズ 小さじ1.5

<たんぱく質と塩分の目安>

  • たんぱく質:5.3g
  • 食塩相当量:0.9g

3.ポテトサラダ

ポテトサラダはお腹持ちがよいので特におススメです。前日の副菜にポテサラを作る時に、ちょっと多めに作って残しておくとよいです。

<材料>3人分

  • ジャガイモ 150g(Mサイズ)
  • きゅうり  50g(約0.5本)
  • 茹で卵   1個
  • マヨネーズ 大さじ2
  • ロースハム 20g

<1人分当たりのたんぱく質と塩分の目安>

  • たんぱく質 4.5g
  • 食塩相当量 0.4g

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。