腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
制限食のコツ

今人気のタピオカドリンクはCKD食事制限に最適!

先日、初めて今流行のタピオカドリンクを飲みました。

美味しいだけでなく、低タンパク質なので、

ぜひCKD食事制限中の方にお勧めしたいと思いました。

今日はタピオカドリンクのいい所と、

CKD食事制限におけるおやつの重要性についてのお話です。

CKD食事制限中はおやつを楽しもう!

CKDで食事制限をしていると、

たんぱく質や塩分摂取量が厳しく制限されるため、

お腹いっぱいご飯を食べることがなかなかできません。

そんな時にお役立ちなのがおやつ!

空腹時に低たんぱく質のおやつを摂ることで、空腹をしのぐことができます。

また、単純に食べる量を減らすだけでいいダイエットと違って、

CKD食事制限では、たんぱく質や塩分の摂取量を抑えるだけではなく、

カロリーを十分にとる必要があります。

1日に必要なカロリーが不足すると、

不足したエネルギーを補うために、体に蓄積された栄養が分解されます。

その際、発生する老廃物が腎臓にダメージを与えるそうです。

ところが、塩分やたんぱく質量を制限したうえで、

食事だけで十分なカロリーを摂るのは、かなり難しいです。

そこで、カロリー不足を補う有効手段として、おやつは非常に重要と言えます。

さらに、おやつは美味しいものが多いですから、

食べると、お腹も心も満たされる感じがありますよね。

なので、我が家では低たんぱく質のおやつ探しに精力的に取り組んでます!

タピオカドリンクはCKD食事制限に適している!

最近、巷で人気のタピオカドリンク。

TDLに行ったときに、ちょっと試しに飲んでみたところ、

美味しいだけではなく、満腹感も得られたことから、

CKD食事制限に適したスイーツだと思いました。

なにより、タピオカドリンクの一番優れている点は、タピオカの成分にあります。

すなわち、タピオカの主成分はでんぷん(炭水化物)で、

たんぱく質が非常に少ない食べ物なのです。

参考に100g当たりの成分をググるとこんな感じです。

100g当たりの成分

  • たんぱく質: 0.1g
  • カロリー: 346kcal
  • ナトリウム: 1mg
  • カリウム: 48mg

CKD食事制限で摂取量が厳しく制限されている

たんぱく質、ナトリウム(塩分)、カリウムがかなり少ないのに対して、

カロリーだけはめちゃ高いことがわかります。

また、実際に食べてみると

タピオカはもちもちした触感で、お中にたまる感じがあるので、

飲料にタピオカが入っているだけで、得られる満腹感にはかなり違いがあると思います。

最近、流行のタピオカドリンクはミルクティ+タピオカですが、

ミルクティだと、牛乳由来のたんぱく質が心配なので、

CKD食事制限中の方にはジュース系がおススメです。

私たちが飲んだのは、マンゴーサイダー+タピオカで

ミルク感は全くありませんでしたが、

タピオカとの相性はばっちりで、美味しかったです。

ミルク系でなくても、タピオカって合うんですね!

今度はタピオカを買って、自宅でオリジナルドリンクを作ってみたいと思います!

成功したら、またレシピをご紹介させてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。