腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
制限食のコツ

たんぱく質調整米のおすすめ品と美味しく食べるコツ

夫がCKDと診断され、食事療法を継続中です。

本日は、病院でも勧められたたんぱく質調整米について。

おすすめ商品、美味しく食べるコツについてお話します。

たんぱく質調整米とは?

まず、たんぱく質調整米とは、

その名の通り、お米に含まれるたんぱく質量を減らしたお米のことです。

CKDの食事療法では、1日当たりのたんぱく質摂取量が制限されるので、

病院の食事指導でもたんぱく質調整米を勧められました。

酵素や乳酸菌を使って、お米の中のたんぱく質を分解することで、

お米に含まれるたんぱく質量が通常米の1/25~1/50程度まで減っています。

たんぱく質調整米のメリット・デメリット

たんぱく質調整米のメリットは、

お米由来のたんぱく質摂取量を大幅に削減できることにあります。

お米由来のたんぱく質を減らした分、肉や魚を多く食べることができます。

実は、お米に含まれるたんぱく質が意外に多いのです。

具体的は、通常のごはん1杯(150g)にはたんぱく質は約3.8gが含まれます。

一方、CKDの食事療法で1日に摂取可能なたんぱく質量は個人差ありますので、

1日の摂取可能なたんぱく質量を40gと仮定した場合、

1日3食、ご飯1杯づつ食べると、

摂取可能なたんぱく質の約30%をご飯だけで使ってしまうことになります。

しかし、ご飯を通常米から、たんぱく質調整米に替えることで

お米由来のたんぱく質量を1/25~1/50にすることができます。

ただデメリットは味がイマイチなこと。

昔と比べて改善されているようですが、

実際食べてみると、においが少し気になります。

たんぱく質調整米は、これまでいろいろ試してきましたが、

ほとんどすべての商品でその匂いが気になりました。

結局は、普段の食事では低グルテリン米を主食としています。

低グルテリン米とは、お米に含まれるたんぱく質の一部を、

消化されにくいたんぱく質に替えることで、

体に吸収されるたんぱく質量が減ると謳われている商品です。

この商品は、CKD食事療法をしている人の為に開発されたそうなんですが、

エビデンス不足の理由から、現時点で腎臓病食としては認められていません。

しかし、味は通常米に近く、とても美味しいです。

低グルテリン米と低たんぱく米は違うのでご注意ください。

低グルテリン米と低たんぱく米の違いについては、過去記事で紹介しています。

低グルテリン米の過去記事はこちら

たんぱく質調整米の活用方法

主食は美味しさ重視で低グルテリン米を食していますが、

たんぱく質調整米も、炊飯したご飯のパックタイプをストックして併用しています。

具体的な活用方法は以下になります。

  • 旅行や出張時の食事
  • 休日の朝食、昼食
  • 無塩ドットコムの送料調整

ストックするのは、温めるだけで食べられるパックタイプです。

たんぱく質調整米は2種類が販売されています。

炊飯前のお米と、炊飯されたご飯をパッキングしたレンチンご飯です。

我が家では、このレンチンご飯だけをストックしています。

出張の場合は、ビジネスホテルの電子レンジで温めて部屋で食べます。

特に、海外出張時などは重宝します。

また、旅行に行った時や休日に夕食をたくさん食べたい場合、

朝食や昼食にたんぱく質調整米を取り入れ、

朝夕合わせてたんぱく質を10~15g以下に抑えています。

また、視点を変えてみると、たんぱく質調整米は賞味期限が長いので、

無塩ドットコムで買い物する際、送料無料にするための金額調整に便利です。

たんぱく質調整米の食べ方のコツ

たんぱく質調整米は独特のにおいがあります。

このにおいを気にならなくすることがポイントです。

具体策としては、カレーなどスパイスが効いたものと組み合わせれば、

においは気にならなくなります。

夫一押しは、たんぱく質調整米と無印良品のレトルトカレー。

特に、無印良品の小さめカレーシリーズがおススメです。

無印良品の小さめカレーシリーズなら、

全量をご飯にかけても塩分は2g以下に抑えることができます。

たんぱく質も、商品によりますが10g以下のものが多いです。

このレトルトカレーとたんぱく質調整米は、出張や旅行の必須アイテムです。

特にお勧めの無印レトルトカレーはこちら。

購入は、お近くの無印良品でどうぞ。

年に数回開催される無印週間を狙ってまとめ買いがお得です。

近くに無印良品の店舗がない場合、ネット通販でも購入できます。

ネット通販の場合、

1種類×10個のまとめ買いで良ければ無印公式なら送料無料です。

いろんな種類を数個づつ試したい場合は、LOHACOがおススメ。

3240円以上で送料が無料になります。

LOHACOは飲料水などの生活必需品を多く取り扱っているので、

それらと組み合わせて購入しましょう。

Amazonだと定価より高い値段で売られている場合があるのでご注意を。

無印良品(公式)はこちら

LOHACO(公式)はこちら

たんぱく質調整米のおすすめ商品

これまでいろいろ試してきましたが、

これまでさんざん書いてきたにおいについては、

残念ながら、どの商品も大差がありませんでした。

しかし、出張や旅行に携帯する際に圧倒的に便利だった商品がこちら。


 

何が便利かというと、レンジがないホテルに宿泊した際、

部屋のポットで湯煎で温めることができるのです!

ホテルの部屋にある湯沸かし電気ポットの中には、

通常サイズのレンチンご飯が入らない、口が小さいものがあります。

そんな時、このプチ越後ごはんなら、

パキッっと2つに割れば、大抵の電気ポットにも入れることができます。

出張や旅行が多い人に特におすすめです。

最後に、レンチンご飯購入時の注意点として、

商品によってはレンジ可・湯煎不可の商品もあるのでご注意ください。

旅行に持っていく際、湯煎不可は使い買って悪いです。

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。