腎臓にやさしいごはん
食事療法を長く継続するために
制限食のコツ

お家で流しそうめんは意外と楽しい!

最近暑いので、今シーズンは初の流しそうめんをやってみました。

結構楽しいので、特にお子さんいる方にお勧めです。

今日は、家で流しそうめんってどんな感じかお話させていただきます。

家で流しそうめんをする為に準備するもの

夫がCKD食事制限中という前提付きで、下記を用意します。

  • 家庭用流しそうめん機
  • 無塩そうめん
  • 減塩めんつゆ

まず、「家庭用流しそうめん機」と勝手に名付けましたが、

写真のやつです。

私は楽天で購入しましたが、昨年はハンズに展示もありました。

これ以外にも、何種類かあったので好みで購入すればいいと思います。

参考までに、商品リンクはこちら

次に、無塩そうめんと減塩麺つゆが必要ですね。

無塩ドットコムで購入できます。

無塩ドットコムはこちらのボタンから。

無塩ドットコム公式

CKD食事制限中の方には、無塩そうめんがおすすめです。

普通のそうめんには塩分が結構入っていて、

茹でてよく揉み洗いしても、まあまあ塩分が残るからです。

詳しくは、過去記事ご覧ください。

そうめんの塩分に関する過去記事

HAC流しそうめん機のレビュー

昨年初夏に購入して、今年で2シーズン目になります。

これまで10回以上使用したうえで、メリットとデメリットを書かせていただきます。

  • 見た目がいい
  • 大人も子供も楽しい
  • 分解収納が可能
  • 手入れ水洗い&自然乾燥
  • 耐久性は3年くらいか?
  • 組み立てがちょっと難しい(説明書必須)
  • 電池の残量がわからない

詳しくお話していきますと、

まず良い例で挙げました、見た目ですが、

透明性のあるグリーンで清涼感があります。

また、子ども受けは最高です。

組み立ても一緒に工作のノリでやってます。

流しそうめん機自体は結構な大きさですが、

分解収納できるので、オフシーズンはクローゼットへ。

手入れについても、基本は水とそうめんしか流さないので、

水洗い&自然乾燥でよいかと思います。

次に、デメリットですが、

一番の難点は耐久性ですかね。

まだ割れるまでには至っておりませんが、

ジョイント部分にな数か所、クラック(ひび割れ)を発見!

水漏れするわけではないですが、3年目は持つかなぁという印象です。

組み立てについては、すごく難しいという訳ではないですが、

パーツが多いので、説明書必須だなと思って、収納時に説明書を一緒に保管しています。

ただ、レールにはつなぐ順番に数字が書いてあるし、

説明書をなくしても、ネットで完成写真見ながらなら何とかなるかなとも思います。

最後に、電池の残量ですが、電池が切れると流れません!

予備1セットの準備が必須です。

流しそうめんの良いところ・悪いところ

実際にやってみて、流しそうめんの良いところは2つありました。

1つは子どもも大人も、ご飯が楽しくなること。

そして2つめは、食べる量が減らせることです。

流しそうめんはゆっくり時間をかけて食べることになるので、

普通にお皿に盛ったそうめんを食べるよりも、

同じそうめんの量で満腹感を得られます。

逆に悪いところはというと、

子どもが水でテーブルを汚しまくることですかね。

でも、まあ、拭けばすむことなのでまあいいかと。

総合的に考えて、我が家は流しそうめんはアリ!とい結論です。

今のものが壊れたらまた買い替えてやると思います。

ABOUT ME
がりうさ
CKDの夫のため、食事制限について独学中。